Q お経にはどんな意味があるのですか?

 

 日蓮宗では、日々の勤行(ごんぎょう)によく読むお経があります。
そのお経にはどんな意味があるのか?
それをひとつひとつ見て参りたいと思います(。-人-。)

 

開経偈の意味


 開経偈(かいきょうげ)は、お経を読む前に拝読する偈文です。法華経に出会えた奇跡と、何度生まれ変わっても出会えますようにと願う内容となっております。

(原文)
無上甚深微妙の法は 百千万劫にも遭い奉ること難し 我今見聞し 受持することを得たり 願わくは如来の第一義を解せん 至極の大乗思議すべからず見聞触知皆菩提に近づく 能詮は報身 所詮は法身 色相の文字は 即ち是れ応身なり 無量の功徳 皆この経に集まれリ 是故に自在に冥に薫じ密に益す 有智無智罪を滅し善を生ず 若しは信 若しは謗 共に仏道を成ず 三世の諸仏 甚深の妙典なり 生生世世 値遇し頂戴せん

(意訳)
 この法華経という最高の教えは、一劫という計算もできない長い時間、その百千万倍という想像もできない時が経っても出会う事が難しい。ところが私は今、その法華経に出会い、信じ、唱える事ができています。こい願わくば、仏さまが最後に示された無上の教えを理解できますように。
 極まった教えというものは、凡人には容易に思いめぐらす事ができません。しかしこの法華経は、見る事・聞く事・感じる事・知る事で悟りの境地に近づく事ができます。
 我々をお救い下さるのは久遠のお釈迦さまであり、真理そのものが仏さまと一体となった世界であります。仏さまの口から出た法華経の一文字一文字は、我々を救うために現されたお姿なのであります。このようなはかり知れない功徳が、皆この法華経に集約されています。それだから私達の知らないうちに、法華経の功徳が身に染まり、ひそかに利益を与えます。そして智慧のある者も、無知な者も、共に罪を滅ぼし、善を生じます。また信じる者も、信じない者も、それが縁となって仏道を完成する事になります。
 かくしてこの法華経は、過去・現在・未来の諸々の仏さまの深い境地が示されています。何度生まれ変わっても、この法華経に出会う事ができ、信奉できますように。

方便品 第二の意味


 方便品(ほうべんぽん)は、法華経前半部分の大事なところで、誰もが仏になることができると説かれました。ここでお釈迦さまは、仏の悟りは凡人には理解しがたいと説かれます。それに対してお弟子の舎利弗がそれでもお説き下さいとお願いされます。そこで説かれたのが十如是の一念三千という教えでした。

(原文)
爾時世尊。従三昧安詳而起。告舎利弗 諸仏智慧。甚深無量。其智慧門。難解難入。一切声聞。辟支仏。所不能知。所以者何。仏曾親近。百千万億。無数諸仏。尽行諸仏。無量道法。勇猛精進。名称普聞。成就甚深。未曾有法。随宜所説。意趣難解。舎利弗。吾従成仏已来。種種因縁。種種譬諭。広演言教。無数方便。引導衆生。令離諸著。所以者何。如来方便。知見波羅蜜。皆已具足。舎利弗。如来知見。広大深遠。無量無碍。力。無所畏。禅定。解脱。三昧。深入無際。成就一切。未曾有法。舎利弗。如来能種種分別。巧説諸法。言辞柔軟。悦可衆心。舎利弗。取要言之。無量無辺。未曾有法。仏悉成就。止。舎利弗。不須復説。所以者何。仏所成就。第一希有。難解之法。唯仏与仏。乃能究尽。諸法実相。
所謂諸法。如是相。如是性。如是体。如是力。如是作。如是因。如是縁。如是果。如是報。如是本末究竟等。

如来寿量品 第十六 『自我偈』の意味


 自我偈(じがげ)は如来寿量品第十六の偈文です。法華経の中で一番大事な所で、仏の寿命は永遠であると説かれています。そしてこの世界が仏の世界であるとお教えになられました。

(原文)
自我得仏来 所経諸劫数 無量百千万 億載阿僧祇 常説法教化 無数億衆生 令入於仏道 爾来無量劫 為度衆生故 方便現涅槃 而実不滅度 常住此説法 我常住於此 以諸神通力 令顛倒衆生 雖近而不見 衆見我滅度 広供養舎利 咸皆懐恋慕 而生渇仰心 衆生既信伏 質直意柔軟 一心欲見仏 不自惜身命 時我及衆僧 倶出霊鷲山 我時語衆生 常在此不滅 以方便力故 現有滅不滅 余国有衆生 恭敬信楽者 我復於彼中 為説無上法 汝等不聞此 但謂我滅度 我見諸衆生 没在於苦海 故不為現身 令其生渇仰 因其心恋慕 乃出為説法 神通力如是 於阿僧祇劫 常在霊鷲山 及余諸住処 衆生見劫尽 大火所焼時 我此土安穏 天人常充満 園林諸堂閣 種種宝荘厳 宝樹多花果 衆生所遊楽 諸天撃天鼓 常作衆伎楽 雨曼陀羅華 散仏及大衆 我浄土不毀 而衆見焼尽 憂怖諸苦悩 如是悉充満 是諸罪衆生 以悪業因縁 過阿僧祇劫 不聞三宝名 諸有修功徳 柔和質直者 則皆見我身 在此而説法 或時為此衆 説仏寿無量 久乃見仏者 為説仏難値 我智力如是 慧光照無量 寿命無数劫 久修業所得 汝等有智者 勿於此生疑 当断令永尽 仏語実不虚 如医善方便 為治狂子故 実在而言死 無能説虚妄 我亦為世父 救諸苦患者 為凡夫顛倒 実在而言滅 以常見我故 而生隠恣心 放逸著五欲 堕於悪道中 我常知衆生 行道不行道 随応所可度 為説種種法 毎自作是念 以何令衆生 得入無上道 速成就仏身

(意訳)
 皆は私が悟って、仏になったのは今生のことだと思っていますが、実は久遠の昔に悟りを得て、それからずっと数え切れない程の人々を教え続けてきました。常にこの世界にいたのです。しかし心が迷っている人の前には姿を現しません。人々は私が滅したと思って、恋い慕い信仰の心を生じます。その時、私は多くの弟子達と一緒に、この世界に現れるのです。
 そうであるのに迷える者は、私が涅槃に入ったと思ってしまっています。私が多くの人々を見てみると、煩悩に苦しみ、その苦しみの海に沈んでしまっているのが分かります。その時に私があえて身体を現さないからこそ、かえって仰ぎ慕う心を生ずるのです。神通力とはこのようなもので、私はあらゆる所で常に教えを説いているのです。
 この世界が滅亡する時が来て、多くの人々が劫火によって焼き尽くされる時でも、仏陀である私の世界は安らかで、天上界の神々や人間で満たされています。そこには美しい花園や、楼閣・宮殿があり、美しい宝石で飾られていて、神々や人間はその世界で楽しく遊んでいます。常に色々な音楽を奏で、美しい華が天から撒き降らされています。このように私の世界は美しい浄土なのです。
 私の浄土は美しく、決して破壊されることがないのに、多くの人々は劫火に焼き尽くされ、様々な苦悩に満ちていると妄想しています。このような人々は、仏や、その教え、僧といった言葉さえも聞くことがないでしょう。それに対して、心が柔和で素直な人は、私がこの世界で法を説いている姿を見ることができるのです。
 私は色々な手だてを設けて教えを説きます。仏の寿命は無限であると事実を明かしたり、長い時間をかけてようやく会えた人には、だからこそ仏に会うことは難しく、尊いことなのだと語り示すのです。
 あなた達は疑いを持ってはいけません。私は世の父であって、苦しみから救う者であります。その為に、永遠の教化を続けています。しかし、肉体は見せることはありません。なぜなら、私にいつでも会えると知ったなら、あなた達は甘えてわがままになり、逆に欲にまみれて地獄に堕ちるからです。私はいつもあなた達のこと思っています。どのようにしたら仏道に入らせる事ができ、しかも仏の身となれるのかと。

欲令衆の意味


 欲令衆(よくりょうしゅう)は方便品第二・譬喩品第三・法師品第十・見宝塔品第十一の要文を集めたお経です。仏さまが出現された理由を明かされ、唯一、久遠の釈迦牟尼仏だけが私たちを救うことが出来ると説かれます。またこの事を多宝如来が証明されます。

(原文)
諸仏世尊は、衆生をして仏知見を開かしめ清浄なることを得せしめんと欲するが故に、世に出現したもう。衆生に仏知見を示さんと欲するが故に、世に出現したもう。衆生をして仏知見を悟らせめんと欲するが故に、世に出現したもう。衆生をして仏知見の道に入らしめんと欲するが故に、世に出現したもう。舎利弗、是れを諸仏は唯一大事因縁を以ての故に世に出現したもうとなづく。三界は安きことなし 猶お火宅の如し 衆苦充満して 甚だ怖畏すべし 常に生老病死の憂患あり 是の如き等の火 熾然として息まず 如来は已に 三界の火宅を離れて寂然として閑居し 林野に安処せり 今此の三界は 皆是れ我が有なり 其の中の衆生は 悉く是れ吾が子なり 而も今此の処は 諸の患難多し 唯我一人のみ 能く救護を為す 我化の四衆 比丘比丘尼 及び清信士女を遣わして 法師を供養せしめ 諸の衆生を引導して 之を集めて法を聴かしめん 若し人悪刀杖及び瓦石を加えんと欲せば 則ち変化の人を遣わして 之が為に衛護と作さん  爾の時に宝塔の中より 大音声を出して 歎めて言わく 善哉善哉 釈迦牟尼世尊 能く平等大慧・教菩薩法・仏所護念の妙法華経を以て大衆の為に説きたもう。是の如し 是の如し。釈迦牟尼世尊 所説の如きは皆是れ真実なり。

(意訳)
 仏は衆生(人々)に対して、仏の智慧を開き、示し、悟らし、仏道に入らせるために出現したのだよ。これが一番の理由です。
 あなた方が住んでいる世界は、安らぐことがなく火災のため燃えさかる家に住んでいるようなものです。また様々な苦しみに満ちあふれる恐ろしいところです。そこにはいつも生老病死という四つの苦しみの憂いと患いがつきまとっています。
 しかし仏はそのような所から離れて心静かに安住しています。そして苦しんでいる人々は皆私の手中なるものです。我が子供でもあります。あなた方を救えるのは唯一、私(仏)だけなのです。
 どんな時も私(仏)は、この法華経を後の世で説法する者に対して多くの人々を集めて教えを聞かしめましょう。
 もしあなたに刀や杖を振るったり、瓦や小石を投げて危害を加えようとするならば、ただちに仏の遣いを使わして付き添って守らします。
 その時、宝塔が地中より現れて中から多宝如来が大きな声で、
「よくぞ釈迦牟尼仏よ、あらゆる人に平等で大いなる智慧である妙法蓮華経を説かれた。釈迦牟尼仏の説かれた事は、すべて真実である。」と証明されたのでした。